KELTY

BRAND
STORY

KELTY

THE FIRST NAME
IN BACKPACKING.

THE FINEST
OUTDOOR APPAREL.

KELTYは、バックパックに始まりレインジャケット、
マウンテンパーカーなど総合アウトドアメーカーとして、
名作を世に送り出して来た。

1952年、南カルフォルニアで世界初アルミフレームのバックパックを開発したところからブランドがスタート。総合アウトドアメーカーとして完成度と機能性の高い製品を世に送り出して来たKELTY。
そのブランドアイデンティティをベースに、トレンド感をプラスしたアパレルラインを展開中。

KELTY since1952

KELTYブランドは1952年、
南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅で、
500ドルの借金と共にスタートした

KELTYブランドは1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅で、500ドルの借金と共にスタートした
KELTYブランドは1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅で、500ドルの借金と共にスタートした
KELTYブランドは1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅で、500ドルの借金と共にスタートした

ケルティはガレージで、溶接機を片手にアルミフレームと格闘し、妻のニーナは台所でミシンをかけ続けていた。自身が熱狂的なアウトドアマンであるケルティは、自分が納得できない製品に妥協することなく、作っては改良を加える日々が流れた。やっと年末に完成したのが29個。世界で初めてのバックパックの誕生だった。その利益は、わずか678ドル。そして53年に90個、54年は220個を販売した。ビジネスとして軌道に乗ったとは言い難い日々が流れた。
しかし転機はまもなく訪れた。カリフォルニアだけの市場に限界を感じたケルティは、通信販売のカタログに掲載する事にした。この戦略は彼に大きな幸福をもたらすことになった。
カタログに発見した前代未聞のモノ、アルミ製フレーム+分割されたナイロンのコンパートメントに、東海岸を中心に全米の若者達の目が惹かれた。ここからバックパッカーという新たな文化が誕生し、KELTYのロゴを背負うことがステータスとなっていくのだった。
ケルティの革新精神はその後も尽きることなく、次々と新しいアイデアを投入しては製品を発表していった。時を置かず、その完成度と機能性の高さは、プロのクライマー達の注目を集め始めた。
1963年のF.UnsoeldとF.Hornbeinによるエベレストへの初登頂、1966年ナショナル・ジオグラフィック南極大陸遠征、1975年K2、1982年Cholatseへの初登頂、そして1983年7大陸最高峰遠征…米国の歴史的偉業の多くはKELTYと共に達成されてきた。

アウトドア製品、アパレルウェアの始動

アウトドア製品、アパレルウェアの始動

1970年代からは、バックパック造りで培った経験、技術をもとにレインコート、ダウンブーツをはじめアウトドア製品全般の開発にも力をそそぐようになっていった。
1975年、ダウンジャケットの発売を機に本格的にKELTYアパレルを始動。
1978年、ナイロン生地に高機能素材Gore-Texをラミネートした雨風に強い防水性に優れたマウンテンパーカーを発売。
自身も熱狂的なアウトドアマンであるケルティは、素材のみならずパターンに至るまでこだわり、パーツを細かく切り替えることで、アウトドアシーンにおける動きやすさを追求。
KELTYのアウターは激しい動きや、天候にも左右されない通気性に優れたベンチレーションや、雨の侵入を防ぐフラップポケットを採用することで快適さを実現。
アウトドアスポーツをより楽しく身近なものへと進化させていった。
KELTY全ての商品が細部にまでこだわり丁寧に設計されており、冒険家、登山家はもちろん、週末にキャンプを楽しむ家族、友人とトレッキングやスキーを楽しむアウトドアパーソンまで、多くの支持を獲得してきたのである。

機能性も兼ね備えた、
日常でも使いやすいアウトドアウェアの提案

アウトドア・スポーツという登山とは異なる新しい概念が日本に伝わるきっかけとなったKELTYこそ、現代のOUTDOORカルチャーにとって最もエポックメイキングなブランドといえる。
総合アウトドアメーカーとして、ファミリー層からトップクライマーまでに絶対的な信頼を受け続けるKELTY。
そのブランドアイデンティティをベースにしたアパレルラインは機能性、実用性はもちろんトレンド感を体現。キャンプ、ハイク、フェスなどのアウトドアシーンで活躍する機能素材を使用したアウター、バックパックやウエストバッグに常備できる軽量でコンパクトにまとまるパッカブルアイテムなど、アウトドアはもちろんタウンユースとしても着こなしやすいウェアーを展開している。

機能性も兼ね備えた、日常でも使いやすいアウトドアウェアの提案